「秋桜」の思い出   

♫淡紅(うすべに)の秋桜が秋の日の  何気ない陽溜りに揺れている~♫
と云えば、あの山口百恵ちゃんを思い出す人が多いだろう。
b0138661_178073.jpg

彼女の寂しげな表情もあって、大ヒットとなったけど・・・私は「さだまさし」の方が好き
グレープ時代から、彼の詩と声が好きで自宅でよくLP(更に死語!)を聴いていたものだ。

同じ年に結婚が決まり、コスモスが咲く頃に22歳で嫁いだ私。
母は、この曲がラジオから流れる度にしばらく涙を流したという
その事を聞いてから、私も未だにこの曲には弱いのです~(T_T)

私には幸い娘がいないので、嫁に出す親の辛さを経験しないで済みそうですが・・
親があるうちに親孝行しなくては! と改めて思います。
b0138661_1719057.jpg

この無邪気な少女もいづれはお嫁さんになるのでしょうね。
やっぱり淋しいんだろうなぁ。。。

コスモスと云えば、淡紅色と決まっていたけど・・最近は色々な種類があるんですね♪
b0138661_1736714.jpg

そして、本日のおまけ  ワンちゃんもコスモスをバックに♪
b0138661_17442944.jpg

たまには、こんなやらせ写真も有りですよね♪ 
何しろ、ブログでお顔を出せるのはワンちゃんくらいですから~(笑)
ハイ、ポーズ^^






私が大学に入学して上京した頃は、さださんの 「案山子」 がよくラジオから流れたとか。。。

こちらも涙無しでは、聞けないと母。
あの頃の母と同年齢になった今、息子たちが家を出て行った今、
私も涙・涙です~!!

「もう少し、貴方の娘でいさせてください~♪」
[PR]

by pianissimom | 2010-10-20 17:32 | ありがとう | Comments(8)

Commented by jasmine at 2010-10-21 16:04 x
いやあ〜こういう曲はやばいっしょ。
何でもない時に聞いても涙が出てしまいます。
そういう状況の時には聞けません(涙、涙・・・)

結婚前に会社のみんなと最後のカラオケに行って山口百恵で泣いたワ達しです。
Commented by miyabi-4127 at 2010-10-21 18:38
うわー、素敵ですぅ・・・
同じ被写体を撮るとこんなにも違うんだ~と落ち込みます。
pianissimoさんのフットワークの軽さを感じました。
カメラ散歩、またご一緒させてください。
教えていただきたいことがい~っぱいです。
Commented by Eri at 2010-10-22 17:38 x
うわー、ステキ!
コスモスもちょうどいい季節だったみたいですね。
人が入っている写真が味があっていいなぁ。
今度、ほかの写真も見せてくださいね~、お願いします!
Commented by pianissimom at 2010-10-23 06:29
☆ jasmine さま☆
エヘヘ、年齢ばれましたね。
いい曲は、いつまでもこころの中に残ります。
CD買いたくなっちゃいました(^^ゞ
Commented by pianissimom at 2010-10-23 06:36
☆ miyabi-4127 さま☆
ありがとうございます。
が、シャボン玉の女の子は、トリミングしてますm(__)m

miyabiさんは、身近に先生がいらっしゃるから、
羨ましいわ。メキメキ上達してますよ♪
「写真は、撮る枚数に比例して上手くなる」との事。
またご一緒しましょう♪
Commented by pianissimom at 2010-10-23 06:39
☆ Eri さま☆
ご覧頂きましてありがとうございます。
「写真は、真似から・・」
エリちゃん風も何枚か撮ったつもりですが、まだまだ。。
来年は、ご一緒出来たら嬉しいわ♪
Commented by RoseHeartCafe at 2010-10-31 01:32
こんばんは!
すっかり出遅れのコメントですみません。
どれもこれもとっても綺麗に素敵に撮れてますね~。
シャボン玉の女の子の写真なんてタイミングバッチリですごいです。
私はやっぱり一枚目の色のコスモスがアンティークっぽくて好きです。
あれだけ撮ったのにやっぱりほとんどが「ん~」って感じだったかも。まだまだ修行が足りません。
Commented by pianissimom at 2010-10-31 06:40
☆RoseHeartCafeさま☆
シャボン玉は、皆さまに便乗しての一枚です(^^ゞ
褒めて頂いて嬉しいですが・・・真ん中に立っている
おばちゃん! 思わず舌打ちしそうでした(笑)
こう云うシーンを見つけて、シャッターチャンスを逃さず撮る事
永遠のテーマです。

タイムオーバーで皆さまにご迷惑をかけてばかり・・
これに懲りずにまたご一緒させてください。

<< 秋バラを探して お休みの過ごし方 >>