茂手木秀行氏 個展   

写真を撮る事=「見て(見つけて)」「感じて」「表現して」「伝える」
観察力=引き出しの多さ  そして、観察力はトレーニングする事で養えます
その為にたくさんの写真を見る事。
と、師匠からのアドバイスを受けて、早速行って参りました
 
丸の内から銀座に抜けて、この日の一番の目的
茂手木秀行氏の個展を拝見して来ました
b0138661_23475557.jpg

「海に名前をつけるとき」はモノクロの作品
「沈まぬ空に眠るとき」はまるで日本画を思わせる様なブルーの世界

 どちらも長時間露光による作品
 離島の満天の星空と心の目で見ているかの様な白波
 月明かりに照らされた濃藍の海。。主人と二人、すっかり魅せられました~☆
 
先生にもお目にかかれて、とてもお優しく色々教えて頂きました
お薦めの写真展です! 是非、お出かけ下さい


フレームマン エキシビジョンサロン銀座
中央区銀座5-1 銀座ファイブ2階
10月28日(木)まで10:00~19:00(最終日のみ17:00まで)
 
[PR]

by pianissimom | 2010-10-26 23:28 | 写真 | Comments(0)

<< ハロウィン  憧れの街 >>