写真のちから   

師匠のブログで拝見した写真家「有人さん」の記事。
昨年、キャノンギャラリーで拝見した優しくて、自然なポートレート写真に感銘を受け、
お話もさせて頂いた有人さん。

彼が撮られた「東北の美しい海」
朝焼けでしょうか、我が家に飾る事が出来ました。
b0138661_8242397.jpg

A4版のお写真と一緒に、現地で炊き出しの合間に撮られた被災地の風景に混ざって
前向きに行こうと頑張る現地の方々・子供たちの笑顔のスナップが同封されていました
b0138661_8322653.jpg

やっぱり、子供たちは笑顔がいい! 

このお写真を送付下さってすぐ、また有人さんは石巻に支援にお出かけになりました
カメラをシャベルに持ち替えて、浸水したお家から泥を掻きだしたり
慣れない包丁を持って、700人分のお食事を作ったり、今も奮闘していらっしゃいます。
詳しくは、有人さんのHPをご覧ください。
東北の美しい風景が戻る日を信じて、若い力・写真のちからをプッシュしましょう!
[PR]

by pianissimom | 2011-05-16 07:48 | お気に入り | Comments(4)

Commented by Amy at 2011-05-16 11:03 x
 今でも原発は解決されず。 耳を傾ければ傾けるほど、お先真っ暗。 どうしてこんなことになったのか。 
 「阪神大震災でも○○年かかった」と聞くと今回はどうなるのかと思います。 
Commented by pianissimom at 2011-05-17 06:32
☆Amyさま☆
ホント、何であんなに小出しに情報が出てくるのか・・
相変わらずの隠ぺい体質なのかな。。

小さなお子さんをお持ちの方は、気が気じゃないでしょうね。
Commented by みやび at 2011-05-17 08:28 x
あらためて被災地の写真を見て、被災された方々のご苦労を思いました。
ボランティアで現地へ入られていらっしゃる方も大変だと思いますが、目には見えないけれど、私たちにできる応援、支援をしていきましょう。
Commented by pianissimom at 2011-05-18 14:58
☆みやびさま☆
お返事遅くなりましたm(__)m

今朝、被災地で泥まみれになった写真を一枚一枚きれいに洗い、
持ち主を探す為、テントで公開しているボランティアの活動を見ました。
お譲さんの結納の時のお写真を見つけて、涙を流して
喜んでいるご両親の姿。
想い出=写真、やっぱり写真のちからは凄いです^^

<< チャリティーWS in 池上 哀悼の光 >>