あたたかい写真のつくり方   

未曾有の震災があった今年、少し前に見た「写真家たちの日本紀行」の中である写真家が
「写真=真実を写す物ではあるけれど、真の下に心を付けて、写真=まごころを写す物」
と言っていたのが印象に残る。

震災復興のため、日本を元気にするため、「写真で出来る事がある筈」と奔走する師匠の
チャリティーにも夫婦で全部参加しようと決めた今年。
(独りでは、なかなか出来ない事なので師匠にその思いを託して)
最後のチャリティーは「あたたかい写真」 日本に笑顔を! 被災者に力を!

まごころを込めて撮りました
「温かいカプチーノ」
b0138661_6503934.jpg

これを撮りたくて、わざわざ下北沢まで(^^ゞ 
極めてベタですが・・体の芯から温まって欲しいの願いを込めて・・・

なかなか「撮れない!」って云うダンナさまの為、あたたかいお家をセッティング
「暗い夜、お家の灯りが見えたらほっとするでしょ?」「真っ暗なお家に帰るのはイヤでしょ?」
「いつも温かくして待っています」と云う感謝の私のまごころを写して欲しいとの事で・・・
b0138661_73632.jpg

震災の後、停電が続き暗い夜が怖かったと聞きました。
そして、電気が復旧してお家にあかりが灯った時、誰もがもれなく拍手をする姿を見て、
電気の大切さを改めて認識した今年。
決して、「やらせ」ではありませんよ~^^  私の「まごころ」そして「感謝」






師匠の活動は、石巻の炊き出しから始まって、今後もまだまだ続きます

今は、仮設住宅にお住まいの方々にお米を配る活動のご様子。
お米を差し上げるというより、仮設住宅にお住まいの独り独りのお顔を見て、その様子を知り
話し相手になる為です。 詳しくは・・こちらこちらをご覧下さい

阪神・淡路大震災の後には、多くの仮設住まいのお年寄りがその孤独に耐えられず自ら命を
絶ったとも聞きました。
そんな事、決してあってはいけません!

現地で撮られる師匠のお写真にもっともっと笑顔のシーンが増える事を願っています。
ずいぶん前に「Photo is ・・・」っていうCMがありましたね。
写真は、「まごころを運ぶ物」かもしれません
[PR]

by pianissimom | 2011-12-28 07:22 | 写真 | Comments(6)

Commented by cathrine627 at 2011-12-28 09:37
あら、あのカフェラテですか?
素敵にそして可愛らしく撮れていますね。

私も60Dの仲間入り。シャッター音も好きだし、何より画像が違います。でも操作方法が全然わかりません。慣れないととっさの時に困りますね。
また色々教えてください。
Commented by tnysatcmo at 2011-12-28 11:55
ふふふ〜、ご夫婦で参加、いいですねー。
今年ほど光のあたたかさありがたさを感じた年はなかったですよねー。
そしてほっとするひととき、お気に入りのラテをいただいてほっとする事がどれだけ贅沢ですばらしい時か。
これからも忘れずに過ごしていきましょう。
すてきな写真、ありがとうございます〜♪
Commented by pianissimom at 2011-12-29 06:12
☆ cathrine627 さま☆
そう、あのカフェラテです♪
赤ちゃんの笑顔でした。トラ猫ちゃんより色が薄くて
撮り辛かったけど・・ cathrineさんにそう言っていただけて、
よかったです♪

60Dお仲間ですね。あんなに色々変えなくてもいいのにね。
シャッター音も違いますか?
Commented by pianissimom at 2011-12-29 06:19
☆ tnysatcmo さん☆
tnysatcmo さんの「あたたかい写真」、素敵でした☆
ご近所にあんな素敵な場所があるなんて、羨ましい~
今回は、猫ちゃん封印でしたか!?
いつも温かな猫写真に癒されています。
ありがとうございます~♪

Commented at 2012-01-02 22:01
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by pianissimom at 2012-01-03 09:21
☆鍵コメさま☆
ありがとうございます。
写真の面白さを教えて下さった先生に感謝です。
今年もどうぞよろしくお願いします。

<< 撮り納め Many thanks >>