タグ:陶器 ( 3 ) タグの人気記事   

余宮さんの器と夏野菜   

7月20日、原宿の雑踏を尻目に陶芸家「余宮 隆」さんの個展に行って来ました
b0138661_8413969.jpg

思っていたよりずっとお若い方

たった一度だけ、土いじりを体験した(?)主人に土の事、登り窯の事、その焼き方等を
丁寧にお話下さいました
子育て中は、作家物に縁が無かった私ですが・・・粉引の作品を一点のみ頂きました
「高価な品はついつい箱にしまったままになるんですよね。。。」 
「使って下さいね。食器は、使ってなんぼですから」 とその使い方もご伝授頂き、
最後には作品を前にポーズまで頂きました

連れ帰った鉢は、一晩水に漬けて馴染ませた後、素材を活かしたお浸し等
油を使っていない料理から使い始めて下さいとの事

先ずは、夏野菜の美味しい季節ですから
切っただけのトマト
b0138661_8544675.jpg
b0138661_8545784.jpg

ずっしりと重みのある鉢は、存在感たっぷり
その後は・・・
「だし」
b0138661_8582138.jpg

「小松菜のお浸し」
b0138661_858336.jpg

「カボチャの煮つけ」
b0138661_8585162.jpg

毎晩の様に「寺家村」で買ってきた新鮮野菜のおかずを盛り付けて・・・
私が作る拙いおかず達も 「下手ながらも豪華な額を纏った絵」みたいでしょ!?
方向を変えると色々な表情を出してくれて我ながらうっとり^^

因みに、全部夕飯のおかずなので・・・「美味しく見える様に撮るより、美味しく食べた方がいい」
と云うダンナさまを宥めて、ストロボを駆使して丁寧に撮影した写真
折角なので、他のおかずも撮ってもらいました
b0138661_973134.jpg

夏野菜の炒め浸し
最近凝っている料理 
夏野菜が美味しいこの時期、ショウガたっぷりの和風だしに炒めた野菜を漬けるだけ・・・
こちらの食器も従弟が焼いた物  箱から出して、普段に使う事にしました^^

そろそろ
[PR]

by pianissimom | 2013-07-31 09:31 | お気に入り | Comments(6)

煌めく陶   

毎年正月に新宿のデパートで行われている 「佐藤弘人」作陶展
11回目になる今回、初めて伺う事が出来ました。

こちらでもご紹介しましたが・・・主人の従弟なんです。
こう云う物に疎い私たちですが、素人目にも素晴らしい作品の数々
思った以上にファンの方がたくさんいらしていた事に驚きました!

大作から湯のみやぐい呑みまで
私たちが手の出るものをひとつだけ(^^ゞ
b0138661_653076.jpg

          人には一人一人個性があるように
         土にもそれぞれあると思うその個性を
           釉に浮かびあがらせてみると
         土は色々な美しい表情を見せてくれる
 (パンフレットより抜粋)
b0138661_7122361.jpg

同じ物は2つと無いとか・・ご本人が一番気に入りの一品
小千紬のコースターと共に撮ってみたり、角度を変えてみたり・・・
「小宇宙」を表現していると云うその素晴らしい色合いが出せない。。。
師匠のバイブルにある様に本物の日本酒を入れてみるも・・香りだけで酔いそうになるだけ(笑)
b0138661_7185636.jpg

鉄錆を釉に練り込んでいると云う。 
光を受けて煌めく素晴らしい作品だが・・写真で表現する事が出来ないのが何とも口惜しい
「キューピー3分クッキング」でも使用されているそう。
もう、立派な陶芸家!

私たちは日本酒は頂かないので、父にプレゼント
箱が無いと云うので・・得意の(?)カルトナージュで作りましたよ~!
より高級品に☆  喜んでくれるかなぁ・・・
[PR]

by pianissimom | 2012-01-27 06:39 | 未分類 | Comments(0)

和皿で楽しむ洋食   

今夜のメニューは、少し前に「はなまる」で放送があった
落合シェフのスモークサーモンのクリームパスタ」と
                   「miwa先生のクレソンと帆立のサラダ」
b0138661_527458.jpg

白いパスタなので、いつもの磁器の食器ではなく「作家もの」の陶器の和皿で

『作家もの』 実は、ダンナさまの従弟作なんです。 もう20年近くになる陶芸家
年に何回かは、都内の百貨店でも展示会をしている「知る人は知る陶芸家」^^
義母が応援している事もあって、内祝いや私の誕生日プレゼントで我が家へ来た物なんです。

手捻り独特の柔らかなフォルム、試行錯誤を重ねて辿り着いた深いブルー
なかなかの物です。
b0138661_6203125.jpg

子供が小さいうちは、大事にしまっておいて・・・大事にし過ぎて天袋の奥へ(^^ゞ
先日の「テーブルフェスティバル」で拝見した「作家もの」で思い出して並べてみました
まるで宇宙を思わせる様な素敵な色。云わば「Hiroto blue」
b0138661_624137.jpg

こちらの鉢には、何を入れましょう? お漬物や駄菓子じゃもったいない。
b0138661_6241724.jpg

和食は、もちろん合うけれど・・安倍川もちではねぇ(^^ゞ
b0138661_6243957.jpg

もっと、器を見せるオシャレなお料理を学びたくなりました

それにしても、カメラマン泣かせの被写体です。濃い色なので写り込みはあるし、反射も・・
そして一番見せたいこの色をどう出すか・・・師匠ならどう撮るのだろう
未だHPも無い様なので、一肌脱ごうかな(笑)
[PR]

by pianissimom | 2011-02-27 05:48 | おうちごはん | Comments(6)